Loading
日食観察、そして、撮影 - 時々日記w
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

時々日記w

不定期(^^ゞ 色々書きますよ>^_^< たぶん・・・

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2009

07/23

Thu.

14:20:00

日食観察、そして、撮影 

Category【その他

2009年7月22日、ついに訪れました。日食の日が

その、宇宙の神秘を写真に収めたいと思い、少し頑張ってみました。

当日の日食の時間は、ちょうど部活と重なっていたので、部活に必要なものを持って行きました。


用意したものは、

・FD(フロッピーディスク)

・デジカメ(LUMIX DMC-FZ3)

・ノートPC

以上です!


フロッピーディスクは、分解して、中の黒い円板だけを使います。FDを通して太陽を見るのはいけないとどこかのサイトに記載ありましたが、ファインダーを通してみるのだし、通してみたとしてもほんの数秒なので問題ないと思い、使用しました。

ノートPCは、画像の確認、コピーに使うと思い、準備しました。

カメラは、DMC-FZ3を用意し、フィルタ、シェードはつけず、裸眼の状態で使います。カメラのモードは、Pモード(プログラムモード)か、Aか、Mにします。そして、絞りは、できるだけ大きい数値にします。そうしなければ、縦横に線が入るからです。埃防止のフィルタをつけたまま撮影すると、最大限望遠にしても、FDの端っこが写ってしまうため、はずします。

フロッピーは、観察用のものと異なり、減光率が低いので、明るすぎる場合は、二枚、三枚重ねて使います。ファインダーを通さずに見る時も同じです。ですが、当日は、天気が曇りであったため、一枚でなければ撮影できませんでした。


では、実践です。

FDを持つ際は、真ん中の穴に爪を当てるようにして、持ちます。

その爪がカメラの本体に当たるようにしてセットします。この状態がベストでした。

前面から見た図。レンズの大部分はこれで隠れます。レンズの小さいカメラでしたら、FDを切って、セロハンテープで貼ってしまうと簡単ですね。


今回は、室内からの撮影であったため、学校の机を窓際に詰めて並べて、そこに寝転び、窓から顔を出します(首が痛いので、タオルを敷いていたらよかった・・・)。太陽は上にあるので、撮影の向きなんて何も考えないで、とりあえず撮ります(笑)

AF(オートフォーカス)は、太陽に合わせていいです。三脚で固定してもいいのですが、なかったし、あの状況では無理でした。MF(マニュアルフォーカス)の機能がある場合は、とても撮りやすいと思います。ピントを固定できるからです。AFでも、設定を変えることにより、半押しではなく、別のボタンでフォーカス(機種による)するということができると思いますが。MFのほうが、確実です。AFの場合、対象が明るすぎると、ピントが合わないので、MFのほうがいいですね。

カメラのモードは、上で記載したとおりです。ISO感度は、低く。露出設定も、マイナスにします。


ここからは撮った写真を並べます。気象の関係で、部分日食の初めのほうしか撮影できませんでしたが・・・

 絞りの関係か、周りが黒くなりました。

 なぜかピンクに・・・

ある先生は息子と電話、ある先生は、撮影(笑)

 くくぅ!限界じゃ!でも、輪郭は見えます。


曇っている間に、飛行機が飛んできたり、鳥が飛んでいたりしたので、それらも撮っていたり(笑) 一番欠けている時間、11時6分は、あいにくの厚い雲・・・その前後30分位も曇っていて、いい写真は撮れませんでした。

いいことがあったとすると、カメラが好きっぽい先生はうまく写真を撮れなかったこと!!そして、僕が撮ったデータを先生に渡し、その写真が、PTA新聞に載る可能性があること!

でも、よかったです!写真が撮れて。減光するモノがフロッピーであるため、色が赤っぽくなってしまいますが、とても安上がりですし、枚数も変えられていいんじゃないですか?この方法。もし、次の日食で撮影される方がおられたら、一度試してみてはどうですか?チャンスは一度しかないので事前に試してからね。

この方法で、何かわからないとか、ありましたら、メールフォームなどで連絡してくださいね。ぜひ、試してみてください。


今日、ブログを初めて、初のコメントをいただきました。とてもうれしい内容でした。ありがとうございました。コメントがブログを続ける力にもなりますので、コメントしていただけると嬉しいです!

ありがとうございました。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://garz.blog47.fc2.com/tb.php/11-575c1c29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。