Loading
プリンタの修理 - 時々日記w
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

時々日記w

不定期(^^ゞ 色々書きますよ>^_^< たぶん・・・

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2010

07/08

Thu.

20:36:00

プリンタの修理 

Category【パソコン関係

epson px-v630の修理です。

紙が詰まって中でぐちゃぐちゃになったり紙送りがうまくいかない、インクがちゃんと出ずにうまく描画できない部分があるなどの症状がありました。

早速分解されていますが。。。

横の白いカバーを外します。ここからしか外れませんね。それから、ねじが使われていないので爪を外して解体します。非常に折れやすいです。

グレーのプラスチックも外した状態。この状態で作業しました。

まず、全面印刷する際に紙からはみ出て落ちたインクを吸収する部分ですね。それを掃除します。ピンセットでスポンジを取って給湯器で60℃の温水をだし、スポンジを洗います。うちの場合、埃がたくさんついていたので少し丁寧に洗ったつもりです。インクは切りなく出てくるのできりのいいところで終わらせます。

つぎはプリントヘッドが電源を切っているときに収納されている部分の下にあるスポンジとゴムを掃除します。インクが固まってついているのでアルコールを使用して掃除します。ティッシュや綿棒などにアルコールをしみこませてふき取ります。簡単にはとれないと思います。プリントヘッドは電源を入れてヘッドが移動した状態でコンセントを抜いて強制的に移動させます。

次はローラーの掃除をします。ローラーは主に埃のゴミだと思います。とりあえずぬれぞうきんで一週分拭きます。僕はぺたぺたする耐震マットを切ってそれをピンセットでつまんで埃を取りました。それで大体の故障は治ると思います。

掃除終了。あと、インクを吸収するスポンジをつけたら終了です。

こんな感じでギャップ調整などをしました。ケースに入っていないプリンタが置いてあると少しかっこいいかもw

あと、黒のプリントヘッドが若干詰まっているみたいなのでインクカートリッジを取り外して該当のインクを吸う部分にアルコールつけて溶かしました。アルコールがある状態でインクカートリッジをつけて再充填させました。そうすることでヘッドのつまりは解消しましたし、アルコールをつけましたが特に支障はありませんでした。

ギャップ調整、ヘッドクリーニングを実行し、印刷したかったレポートを10枚程度印刷したところでちゃんと動作することが確認できたので組み立てに入ります。

解体の手順の逆で組み立てます。

これで半年くらい悩まされてきた紙送りの異常は解決しました。

まぁ、複合機を買ってもらう機会がなくなったのは残念ですが、これで2万程度出費が浮いたはずです。

今回は家にあったものだけで修理したので費用は掛かりませんでした。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://garz.blog47.fc2.com/tb.php/181-53c18e7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。