Loading
防水携帯を買う利点を再考する - 時々日記w
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

時々日記w

不定期(^^ゞ 色々書きますよ>^_^< たぶん・・・

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2010

07/28

Wed.

18:28:00

防水携帯を買う利点を再考する 

Category【パソコン関係

防水携帯はほかの携帯よりも価格が高かったり機能が少なかったりとマイナス面もある。

マイナス面とプラス面を自分なりにまとめてみることにする。

自分はF-01Aを使っている。docomoのprimeシリーズの防水携帯である。

割とサクサク動くし個人的にはボタンも押しやすく、気に入っている。

・デメリット

指紋センサーが防水シートで覆われているので感度が悪い、濡れていると誤作動する

定期的にパッキンの交換等が必要

ワンセグのアンテナが内蔵なので感度が悪い

防水性能を高めるためスピーカーが一つしかないことがある

ものによっては重い、分厚い、角が四角く手になじみにくい

機種によっては通話品質が落ちる、音質が悪い

・メリット

電池カバーをロックできるので外れにくい、なくしにくい

雨の中、風呂で使用できる。手が濡れていても大丈夫(これが癖になるのですよ。。。

汚れても水で洗える(ほんと、指紋が簡単に落とせる)、トイレに落としても大丈夫

万が一水濡れ、浸水したとしても修理費用が安く済む(結露は例外かもしれない

設計によるが、製品自体が丈夫

思いつくことはこれくらいでしょうかね。

ただ、防水携帯でも防げないのが結露。温度差、湿度などにより内部に結露が発生し基盤、ICを腐食する可能性がある。これは普通の携帯でも防水携帯でも防げない。ただ、結露は暖かい風呂から出た時などによく発生するので、防水携帯のほうが発生確率が高いかもしれない。

2年に1回くらいパッキンの交換をしないといけないみたいです。有償みたいですが、それほど高くないと思いますし、大抵2年くらいで携帯は買いかえるみたいなのでそれほど問題にはならないのかな

電池カバーをロックできるので不意に電池パックが外れることを防ぐことも可能。電池カバーはなくしやすい印象があるのでこれは便利だと思う。

水濡れ、浸水の原因は多く、結露以外にも携帯を落下させたことによる外装の歪みや接着部分のはがれ、目には見えないような小さな亀裂、ヒビから毛細管現象も手伝って内部に水が浸入する、パッキン部をちゃんと閉めていない、ハードな使用による防水シートの破れ、ヒンジ部の劣化などですかね。ですが、この大半の原因は丁寧に扱っていれば防げることなので丁寧に扱ったほうがよさそうです。

それから、日々のバックアップは必要ですね。docomoだと「docomoケータイdatalink」というソフトがありますけど、これは携帯全機種共通に使用することができるソフトで、これにバックアップを取っていれば機種変しなければならなくなってもデータを復帰させることができます。携帯に内蔵されているバックアップ機能は同じ機種しか使用できなさそうですのでね。

画面がつかないけど本体は動いている様子という場合、画面が異常で読めないという場合も早急にdatalinkにバックアップを取ったほうがいいです。説明書にPCとの連携の仕方などで方法が書かれていると思います。datalinkが携帯と通信できるモードに切り替えてdatalinkから読み込みます。画面は見えなくても数字キーで操作できるので説明書に書かれている通り数字を押して完了したら待ち受けに戻りましょう。ちなみにF-01Aの場合は[ menu - 6 - 2 - 6 - 1 ]ですね。自動認証設定にしてなかったら若干めんどくさいかもしれませんが。。。

あと、datalink以外に、携帯に初めから入っているバックアップ機能でのバックアップもしたほうがいいです。F-01Aの場合は[ menu - 6 - 3 - 8 - 決定キー - menu - 2 - 十字キー上 - 決定キー - 暗証番号入力して確定(決定キー) - 30秒ほどたったら決定キー - 念のため5分程度待つ ] これでできると思います。

とりあえずdatalinkにバックアップは定期的にとるべきです。紛失した際にも全壊した場合にもデータを取り戻すことができます。

それから、防水でなくても携帯は丁寧に扱うべきです。それから、防水携帯の場合、修理受付停止になる前に外装交換等をするべきですね。落としたときは顕微鏡等で傷を確認して亀裂があればその時点で外装交換をお願いするべきです。

以上、まとめでしたw

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://garz.blog47.fc2.com/tb.php/190-055fbb3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。