Loading
近江長岡 -住友大阪セメント工場専用線探しの旅- - 時々日記w
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

時々日記w

不定期(^^ゞ 色々書きますよ>^_^< たぶん・・・

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2010

08/09

Mon.

06:51:00

近江長岡 -住友大阪セメント工場専用線探しの旅- 

Category【探検系

電車には興味ないけれども鉄道(つまりレールw)に興味がわいた感じでw

近江長岡付近に廃線があるというのを聞いたので行ってみることにしました。

家から22kmくらい離れている近江長岡までいってそこから探検です。

初めから最後まで自転車だけで移動しました。

近江長岡駅に着くまでに疲れてしまいましたよ

向かい風で上り坂で望遠レンズと標準と接写の3本のレンズとカメラ本体をもって走るのは結構疲れますよ、原動力が自分の足ですからね~

あ、近江長岡に行くまでのストーリーも含まれているので本番はもうちょっとしたですよw

この記事長いですし今回収集した情報をもとに作ったマップは下のほうにあります。


実は途中で佐和山隧道という今は埋められて通れない細い隧道を探したんですけど雑草が多い茂っていて見つからず。秋から冬にかけてリベンジしてきます。それから、東海道線で米原をでて1回目のカーブ付近にも隧道があると聞いたので探した。国道の橋の足のつくりや地形から隧道があるであろうことは確認できたがおじいさんとおばあさんが大量にいたのでそれ以上探せず。。。w

そこからちょっとのぼり方向に進んだところにレンガ造りの小さな橋があったのでぱしゃり!東海道線はそれほど新しくないというか古くからあるのでこれくらいあってもおかしくないですよね。でも線路が拡張されるときに埋められたりしてだんだん少なくなってきてますよ。半分埋められたレンガ造りの橋がありましたからね

いきなり近江長岡につきますwですが廃線らしきものが見つからない。。。新幹線のしたを通っていて遊歩道になっていると聞いたことを思い出して新幹線付近を捜しに。。。 電車とかっていきなり曲がれないからずっと緩やかに曲がってる道を探せばそこが廃線ですよね。

ということで見つけました、伊吹せんろみちというそうです。

モニュメント化されている

お茶は私のものですからっ!

写真でレールの厚みわかります?何キロレールでしょうね~。素人にはわかりませんにゃ

うん、空が青い! これからずっと上り坂ですけどがんばらねば!

階段が枕木でできてます。さすがですね~w

この小さいレールは手押し車とかトロッコにでも使われてたんでしょうかね?土止めみたいな感じに利用されてます。

なんの箱?鍵かかってて開けられなかった。。。 箱の下から3本ほどケーブルが出てました

分かれ道でもあったのかな

what is this?

これを見る限りセメント工場内にあった積み込みに使う装置ですね~。

この骨組みもレールでできてるっぽい。。。

おそらくこれが専用線にひいてあったものだろう。ペットボトルを参考に何キロレールかわかる方がいたら教えてほしい。。。w クラスの電車好きに聞くと50キロじゃね?って言ってましたけどね。

この色見たことありません?バラストっぽくないですか??

線路をそのまま利用してるみたい

2つのトンネルを連続でくぐります。国道365号線と川(名前忘れた)です。

レールと駅が再現されています。本来レールがあった場所からずれているので再現です。このもうちょっと右に説明が書かれています。

線路があった場所も一部描かれているがその案内板には書かれていない部分もあります(書かれていない部分が素晴らしく面白いのですよ

ここで道自体は終了です。

ここで引き返して駅まで戻ります。

レールをモニュメントにしている橋のところからJRのほうを見た時にその土地が鉄道らしく緩やかなカーブになっていて線路が続いていたことがわかりました。

さらに駅のほうに戻るとき、橋らしきものがあったので立ち寄ってみました。

絶対ここ線路があった場所ですよね!

橋から近江長岡方面を見た感じ。

さっきの橋の横なんですけど、このコンクリートとか金属の跡、線路の橋っぽくないです?こうやって並んでるのを見ると。。。

橋から伊吹さんの方向をみるとコンテナらしきものが。。。

さらに近江長岡駅のほうに進むと車止めで止められた線路がありました。その線路を延長するとさっきの橋につながりますし、それを伸ばすと伊吹せんろみちにつながります!

これがその車止め。この線路を目で追うとここから見て一番左に抜けることができるようになっていました。

今度は近江長岡駅の南側に行ってみました。北側はこれくらいしか線路の痕跡がなかったので。。。

駅の南側に来て東を向いて撮った写真。上に貨物車両らしきものが残っていてしたがトンネルになっています。とりあえずこの車両があるところに行ってみると

レールが露出していました!!そしてその奥にはレールに乗っている貨物車両も!ここを前に進んでいくとJRの下り方向につながります。

うえの貨物車両付近から南をむくと工場が。。。あの装置もセメントの何かに使っていたに違いない。 別の会社でした

上でJRの下り方向につながっていたに違いないと書いたが、その根拠がこれ。こうやってカーブしている土地があるんです。カーブしていった土地がJRにつながっていて、そこでスイッチバックして上り方向に進んで一番左に移動すると伊吹せんろ道につながります。せんろ道に行くことはできるが別の会社でした

ということで今回収集した情報をまとめて当時あったであろう線路を描き、それぞれの場所の写真も添えてマップにしました。

重大な間違いが発覚したのでここに書いておきます。

上のレールが露出している部分、その先にある工場は近江鉱業のもので住友セメントとは別のものでした。

より大きな地図で 住友大阪セメント工場専用線 廃線 を表示
こうやって記事を書いているときに思いついたのですが国土地理院かどこかのサイトで昔の航空写真を見たらレールの位置までわかるかもしれないですね。あとで調べてみます。わかったら記事書いてこの下に追記でURLを記入します。
追記:続きを書いたのでURLを追加http://garz.blog47.fc2.com/blog-entry-197.html
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://garz.blog47.fc2.com/tb.php/195-b514e0a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。