Loading
CPUクーラー改装しました! 無限Ⅱ Rev.B - 時々日記w
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

時々日記w

不定期(^^ゞ 色々書きますよ>^_^< たぶん・・・

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2011

05/03

Tue.

12:22:52

CPUクーラー改装しました! 無限Ⅱ Rev.B 

Category【パソコン関係

i5 2500kのリテールクーラーをずっと使ってたんですけど、冷却ファンの軸音がうるさく感じられたんです。風切り音はほとんど感じられなかったけどね。

リテールクーラーとしてはかなり静かだと思ったし、普通の人のuseでは全然文句ないレベルだと思うんだけど、僕みたいに静音PCを目指してる人間にとってはほんの少しの音も気になって仕方ないんですよね。

「普通の人は」って上に書きましたが、その根拠は家族です。母さんにあとは電源ファンがうるさいんだよね~とかいって見せましたが、全然騒音に感じられないみたいです。

リテールでも静かなPCですけど、僕の心が満足しないのでもっと静音化目指して…

 

その第一歩としてCPUクーラーの付け替えです。

今回CPUクーラーは無限Ⅱ Rev.Bを使用しましたが、これは小学校から高3の今まで同じなD.K君から安く譲ってもらったものです。1500円で。

最安価格が3400円くらいであったと思うので半額くらいで手に入れたという感じですね。

 

ということで、早速改装していきます!

 

D.K君ね、僕に渡してくれる前にお湯?で洗ってくれたみたいなんだけど、フィンとフィンの間に水滴が大量に…(笑)

まぁ、学校のロッカーに放置している間にだいぶ蒸発してくれたのであまり気にせずMBに取り付けました。

IMGP8477

サイズがわかりにくいですが…でかいですよ。僕の手のひらよりも大きい。

というか、大きさはHPで見てくださいw覚えてませんww

IMGP8479

5本のヒートパイプで構成されていますねー。5本というのは多い方なのかなぁ?たぶんこのサイズでは普通サイズなんだろうね。10本突き出していますが、左右のパイプが接触面でつながっています。

IMGP8480

大きいヒートシンクの下に小さいヒートシンクが。出来たらこいつにも風が当たる様にしてやりたい。

そして、クーラーを取り付ける前に接触面をアルコールで丁寧に拭いてやりました。指紋というか、手の油がついてらっしゃったので。

というか、少し気になったのは、洗剤で洗ってくれたらしいのだが、洗剤が十分に落ちてない気がして… まぁいいや、もうすぐ冷却グリス買うからその時に洗い直しとこうか。

あ、そうだ、まだグリスを買ってないから今回はグリス無しです。いや、正確に言うと、リテールをつけたときにつけたグリスをそのまま使います。CPU側に残ったグリスで我慢してもらいますw

 

早速解体!いや、改装!←さっきも言った気が…

IMGP8481

倒してネジを倒した時に気付きましたが、バックプレートで取り付ける型だからケース倒したら取り付けできないじゃん!!

ということでネジ二つ外したところで立て直し。

IMGP8482

CPUクーラー外しましたーー。

4隅のピンをそのまま手前に引けば外れますね。何も難しいことはないけど、クーラーのピンを矢印の反対方向に回すと引っ張っても外れないので、矢印方向に回った状態でひくようにしないと。

そして、上の写真でわかりますが、CPUに丸くグリスがついてますよね。今回使用するのはこれだけですw追加はしません。塗り直しもしません。クーラーを外して取り残されたこの丸いグリスだけを使うのです。←金欠坊主だから仕方ない…新品買う金もないんだもの(笑)

IMGP8483

クーラーにファンを取り付けて、ファンのケーブルが出てる位置からMB上のファンのコネクタの位置までの距離を確認!P8H67-Vだとこれくらいでいいことがわかりました。で、結束タイみたいな針金でくるくるっと止めちゃいます。ショートしないように注意ね。

IMGP8484

そしていきなり取り付け後の写真!

どうやって取り付けたかというと、説明難しいな…。まぁ、コツつかんだら簡単ですね。

まず、バックプレートをMBの裏側に当てて、上二つだけネジを差し込みます。そうするとバックプレートはぶら下がって落ちてこないでしょ?

んで、クーラーをそっとCPUに近づけていきます。MBの表側からさっきのネジが2本出てきてるでしょ?そのネジ、まず片方をクーラー本体に軽く締め付けて、もう片方も軽く締め付けます。

で、上二つが固定されてクーラーもぶら下がってる状態になったら次は下のネジ二つを差し込んで軽く締め付けます。

で、ねじを締めこんでいきますが、車のタイヤと同じで対角のネジを締めて、もう一方の対角のネジを締めて…って。締めこんでいきます。

それとさ、ドライバーね、ちゃんとサイズ合うものを使わないとネジ山潰れるよ。ファンをケースに取り付けるネジとか、このクーラーのネジとかさ、ネジの十字の部分大きいでしょ?これに小さいドライバー使って締めるとネジ山潰れちゃうから注意。ドライバーの使い分けできないうちは初心者から脱出できないよ!

初心者脱出できないよと助言する初自作PC経験者(笑) まぁ、オーディオの解体とか改造とか木工とかでネジは大量に使うからね。十字が大きいネジを小さいドライバーで回そうとしてネジ壊す初心者は多いんじゃないかなぁ。家にドライバー1本しかない人とかもいそう。

 

んま、そんなこんなで無事取り付け完了です。

IMGP8493

全体でみるとこんな感じ。CPUクーラーでかいからww

 

と、ここでパーツ構成を書いておきましょうか。

PCケース:DIRAC Lightning7 DIRF-LI02-SGB
MB:ASUS P8H67-V
CPU:Intel Core i5 2500K
CPUクーラー:サイズ 無限Ⅱ Rev.B SCMG-2100
MEM:Corsair CMX8GX3M2A1333C9
HDD:samsung HD103SI
CDドライブ:compac?のPCから取ったもの
前面ケースファン:ケースについていた14cmファン
背面ケースファン:KAZE-JYUNI PWM SY1225SL12LM-P
電源:ACTIS AP-450GS

こんな感じです。

アイドリングでは大体どのコアも20度前後で、100%負荷かけても50度は超えませんね。まぁ、ファン回転数をPWM制御で落としてるので、回転数あげたらもっと下がりますよ。

CPUファンはアイドリングは190RPM位で、100%負荷でPWM70%の1100RPM位です。殆ど音しないです。

常用時はケースファンは回転が止まる様にしているのでめちゃくちゃ静かですよ。

 

あと、騒音源は電源ファンとHDDですね。

HDDについては11日あたりにサイズの氷室を買って静音化する予定で、

電源は来月に80PLUS GOLDの電源に変えようかと思っています。

 

この記事を書いてる今、100%ロードテストをしていますよ。今で2時間弱ですね。iTunesで曲を流しながらprime95(?)で負荷かけてます。今のところずっと安定していますね。

オーバークロックしていない定格動作なので昼寝がして起きるまでロードテストさせておきましょうかね。

 

ということで、気になるCPUファンの軸音が解消されました!!

ありがとうD.K.君!

 

うちの構成で答えられるような質問あったらコメントくださいな。調べてレポートします。

関連記事
スポンサーサイト

tag: 無限Ⅱ  Rev.B  サイズ  CPUクーラー 

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://garz.blog47.fc2.com/tb.php/267-280be2a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。