Loading
ipod touchのイヤホンジャックの修理 - 時々日記w
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

時々日記w

不定期(^^ゞ 色々書きますよ>^_^< たぶん・・・

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2011

09/29

Thu.

20:28:21

ipod touchのイヤホンジャックの修理 

Category【オーディオ系

同じクラスの友人から、「イヤホンの右しかならへんねんけどさー、直らへん?力かけると時々なるねんけど」って相談されました。

で、直るかもしれないよ。っていって預かって、直しました!

ネットで見てると、左が鳴らなくて右しかならないっていう人が多いみたいですね。

開けてみてわかりましたけど、左がならなくなることが多そうです。あとは、イヤホン自体から音が出せなくて、スピーカーから音が鳴るパターン。

なぜそうなるかは、イヤホンが刺さっているかどうかを検知する方法を知っている人ならわかりますね。

 

ipodを開けるところでまず時間かかりましたねw

修理始めてから直るまで4時間くらい(笑)

まあ、次に同じ症状が来たら直せると思うし!

 

 

Image00001

たぶんね、まず開けるのに苦労すると思う。

ipod touch開けるプラスチック工具持ってるなら簡単に開くかもしれないけど、持ってないから、テレホンカードとマイナスドライバー使ってこじ開けました!

というか、ほとんどマイナスドライバーで。

ネットで筐体を閉めてるツメがどこにあるかわかる画像を探してきて、その場所にマイナスドライバーを突っ込んでこじ開けました。

はい、まずここで一苦労ね!

 

Image00002

中はこんな風になってます。左のガラスのパネルに静電センサーみたいなのがあるみたいで、こうやって開けた状態でもコネクタをつなげてたら画面から離れてても動きます(笑)

浮かした状態でタッチパネル動かすのは新感覚(笑)

 

Image00003

液晶パネルの白い枠が見えますが、その部分を持ち上げて、この金属板を固定しているねじをすべて外します。そしたら、この金属板と液晶パネルが持ち上がります。

 

Image00006

バッテリーが直接はんだ付けされているので、外すのは面倒なので、画面に傷がつかないように保護しながら作業します。

dockコネクタ部分の二つのねじを外して、イヤホンジャックを固定しているねじ二つも外してください。

そうすると、メインボードが外せるようになります。

ドライバーで基盤を上にスライドさせるように力をかけると外しやすいです。

 

Image00005

そして、ジャックを基盤から外します。

このジャックを外すのが初心者には難しいかもしれません。はんだ付けに慣れている人なら簡単に外せるかもしれませんが。

外し方は、ジャックの基盤を上に引っ張りながら5つのはんだ付け部分をちょっとずつ外していきます。

5つともいっぺんに小手を当てられたら簡単なのですが、そうもいかないので少しずつ外していきます。

 

Image00004

こんな小っちゃい部品なんですよ。

 

Image00008

中心部分を拡大してみるとわかると思いますが、端子部分とこの配線部分が断線してるのわかりますか?

おそらく、イヤホンを刺した状態でイヤホンのジャックに大きな力がかかり、イヤホンにつながる端子が変形して、その変形に耐えられなかったんだと思います。

 

しかし、この端子と配線をつなげるのは非常に難しいです。

そこで、発案!

 

この断線している端子を引っ張り出します!

その写真を撮り忘れてしまったのですが…

Image00008

さっきの写真を拡大しました。

この真ん中の部分にはんだ付けします。上に書いたように端子をプラスチックの枠から外してです!

Image00011

また別の写真を拡大してみました。このようにはんだ付けします。

画像では、すでにプラスチックのジャックに取り付けてしまっていますが、引っ張って外してからはんだ付けしたほうがいいです。

ちなみに、非常に細かい部品ですので、メッキ線でも太すぎます。リード線の中身を出してその中の一本だけ使います。

はんだは少なめで、しっかり温めてつけます。

 

Image00011

そして、写真のようにリード線を上から見て右から二つ目のところにさします。

さすというのは、こういうことです

Image00010

溶けた半田が通るように穴が開いているのですが、そこに差し込んで裏側で折り曲げて1.5mmほど残して残りを切断します。

そして、軽くはんだを流しておくと安心かな?

 

Image00010

これでジャックの修理は完了です!!

 

さて、ジャックの基盤をロジックボードにはんだ付けします。

Image00005

あ、この写真はジャック修理前の写真ですが…

ジャックを取り付けるのも、外す時と同じで少しずつつけていきます。5つのランドが重なるように重ねて、フィルムケーブルの透明部分を見て、ずれてないことを確認します。

で、どこか端っこのはんだ部分に小手を当てて軽く止めます。

そして、軽くとめた場所以外のはんだ部分を止めていきます。

このとき、つまようじなどでフィルムケーブルを抑えながらはんだしてやるとうまくいきます。

そして、ちゃんと固定できたら完了です。

 

ロジックボードとイヤホンをねじ止めします。

ここで、一つ、絶縁を忘れてはいけません。経験者は語りますw

改造した時のリード線を絶縁せずにくみ上げると、そのリード線に金属が当たり、ノイズが入ってしまいます。なので、セロハンテープを上から貼って液晶裏の金属板が当たらないようにします。

 

ここまでできたら試しに音を聞いてみましょう。

金属板と液晶を入れて(ねじ止めはしないで)前面パネルのコネクタを接続します(前面パネルもはめ込まず、浮かした状態)

そして、電源ボタンで電源を入れてください。この状態ではホームボタンは機能しません。

そして、イヤホンを差して音楽を聴いてみましょう!

もし、電源が入らなかったら、とりあえず充電ケーブルをつないで充電してみてください。

それでも起動しなかったらショートしたり静電気とかで壊れちゃったかもしれないですね。

 

Image00012

はい!!聞こえました!!!!

テンションあがって、中を開けたままピースサイン!!!

いやー、右も左もちゃんと聞こえます!!!

修理完了です!!

 


まぁ、後はくみ上げていきましょう。

僕は、イヤホンで音楽を聴きながら組み立てましたよ(笑)

 

まず、金属板を固定しましょう。8個くらいねじありましたよね。

そして、液晶を倒します。

で、前面パネルのコネクタを接続して、ぱちぱちとパネルをはめ込んでいきます。

完全にはまったら、ホームボタンが動作することを確認してくださいね。

もし、ホームボタンが機能しなかったら、パーツの付け忘れですね!

 

どうです?

普通だったら1000円以上かけて修理しないといけないですけど、この方法つかったらタダで修理できるんですよ!!

めちゃくちゃ手間かかりましたけど、タダでやってあげました(笑)

 

いやー、よかった。直ったよ!

ちなみに、直したのは、ipod touch 16GB 2nd genです。まず、2世代ってのを特定するのも時間かかったよ。だって、ぼく、ipod touch持ってないし。

 

 


ま、ここからは関係ないんですけど、

これが何かずっと理解できなかったんです!!

Image00007

で、ジャック修理しながらずっと考えて、やっとスピーカーだって気づいたんですよ。

 

ずっとね、「最新の人工頭脳っぽいなぁ…」とか思っててさ(笑)

だってさ!そう見えるじゃん!!!なんかよくわかんない部分に二つのワイヤーで電力供給してCPU動かしてますみたいにさ!!!

おもわない?

そうですか、もういいですよ!w

 

そんなこんなで、無事成功したipod修理でした!

右も左もちゃんと聞こえるようになりましたよ♪

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

page top

 

コメント

参考になりました

はじめまして!
イヤホンジャックが壊れたので
自分で直そうとネットを調べていました・・・

大変参考になりました。
ありがとうございました!

2011/11/05 12:43 | URL | たかはし #-  edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/06/17 21:59 |  |  #  edit

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://garz.blog47.fc2.com/tb.php/293-ba093164
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。