Loading
オーディオの音質を良くする方法3 - 時々日記w
09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

時々日記w

不定期(^^ゞ 色々書きますよ>^_^< たぶん・・・

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2009

10/13

Tue.

14:54:00

オーディオの音質を良くする方法3 

Category【オーディオ系

コンポーネント(コンポ)について書いていきますね。今回は書く事が少ないかも・・・

まずは設置場所について。レコードプレイヤーを振動の影響を受けやすい机の上に置いて、曲を再生した状態で机を叩いてみます。どうなると思いますか?レコード盤の振幅を振動として受け取り、電気に変える仕組みであるレコードはとても周りの振動の影響を受けやすいのです。机を叩くと、大きな音でドンという音が聞こえます。極端に強く叩くとアームが浮き上がります。レコードの場合、これだけ周りの影響を受けやすいのです。では、CDプレイヤーだとどうでしょうか?振動を読み取るわけではないので影響を受けないと思いますが、実は受けているのです。スピーカーの振動も、空気の振動の影響も受けています。

では、どうしたらよいのか。レコードで実験するとわかりやすいと思いますが、一番結果が出るのはオーディオラックを硬度が高く、しっかりしていて、重いものに変えること。鋳造製だと、よりいいんですよ。僕は勉強机の上にレコードプレイヤーをおいていますが、隣の部屋で人が跳ねるだけでその音がスピーカーから流れます。僕も対策できていないのですが、ラックを良いものに変えるか、頑丈なものを自作する事で良い方向に向くと思います。空気の振動の影響をどう防ぐか。ラックがしっかりしているとそれだけで対策になりますし、しっかりした作りのコンポだと対策されています。ですから、空気の振動の対策はラックなどの対策しかできませんし、それが良い方法です。

しっかりした台におくのはプレイヤーだけではありません。アンプもしっかりしたところに置くべきです。僕の場合、インシュレーターを使って床においたら音が良かったです。今は勉強机の下に設置している関係で市販の弱い木の台においていますが・・・

オーディオは見た目だけでは決められません。本当に大切なのは中身だと思います。中が左右対称だとか、大容量のトランスを使っているとか。コンポの中身をみたときに、かっこいいなとか設計してあるなと感じたものは良いものだと思います。反対に、安っぽいなと感じるようなものは音も安いです。


今回は書く事が少なかったのですが、どうでしょう?あまりいい事書いてませんね(笑)

次は電源について書こうかな?

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://garz.blog47.fc2.com/tb.php/44-bada0494
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。