Loading
CCDとCMOSの違い - 時々日記w
05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

時々日記w

不定期(^^ゞ 色々書きますよ>^_^< たぶん・・・

--

--/--

--.

--:--:--

スポンサーサイト 

Category【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback -- |comment --

page top

 

2009

12/20

Sun.

19:51:00

CCDとCMOSの違い 

Category【その他

カメラに興味を持って、調べたりしてるうちに、CCDとCMOSの違いが気になってきたので調べてみました。

簡単に言ってしまうと、コストパフォーマンスが良いのはCMOS、映像が綺麗なのはCCDみたいです。

CMOSが安く製造出来る理由は、CPUなどを生産するシステムを流用できるからです。それに対し、CCDは専用の生産システムがいるのです。

CMOSは黒いものをとったときに白っぽくなったりする事があるそうです。それに対し、CCDではそうなりにくいので天体などを撮る場合はCCDが良いかもしれませんね。

CCDはCMOSよりも何倍も電圧をかけないといけないみたいです。電圧を上げると、消費電力も上がるのでバッテリーが持たなくなるし、消費電力があがると言うことは発熱量が大きくなるということです。センサーが発熱すると、ノイズが入りやすくなります。

CCDはすべてのピクセルを同時に読むのに対し、CMOSは順番に読みこむので映像が歪むことがあったそうですが、読み出し速度が速くなり、影響は少ないそうです。

ほかにもいろいろ違いがありますが、大きな違いはこれくらいかな?

CMOSは悪い点が多かったみたいですが、今は違うようです。画質が悪かったのも周辺のパーツの改善によって改善されましたし、読み出し速度が速くなったことにより、歪みが少なくなりました。

一昔前はCCDの方が良かったのですが、今では圧倒的にCMOSの方が良いのではないでしょうか?

今の映像機器はほとんどCMOSに変わってきてますね。

関連記事
スポンサーサイト

[edit]

page top

 

コメント

page top

 

コメントの投稿

Secret

page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://garz.blog47.fc2.com/tb.php/71-36b5720c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。